カンボジア 女ひとり旅 ③アンコール遺跡群 ~ビビり女の初海外~

カンボジア 女ひとり旅 ③アンコール遺跡群 ~ビビり女の初海外~
Pocket

2日目vol2 アンコール・トム遺跡へ

ホテルまで現地ツアーガイドさんに迎えにきてもらい、
乗合バスでいざ、
アンコール・トム遺跡へ。

案内人のガイドさんは、
陽気なカンボジア人、NARAさん。

日本語ぺらっぺらだったので、
「日本に留学してたんですか?」
と、聞いてみると、

「カンボジアにある日本語学校で、
3年間勉強しただけです。

他に中国語や韓国語の学校もありましたが、
日本人が好きなので日本語を勉強しました。」

とのことでした。

今、カンボジアへのアジア人旅行者は、
日本人より中国人の方が圧倒的に多いため、

中国語のツアーガイドになった方が、
給料は高くなるそうです。

ですが、
給料が高くなる中国語よりも、
日本人が好きだから、
日本語を選んで勉強したって言ってもらえて、
なんだかとても嬉しかったです。

心がほんわか、温かくなりました。

「ぜひ今度は、日本に遊びに来てください!」と言うと、

「ツアーガイドはとてもお給料が低いうえに、
(カンボジアは物価が安い。月給大体2万円ほどだそう。)
日本は物価が高すぎるから簡単には行けないんだ。

でもどうしても日本に行ってみたいから、
頑張って貯金してる最中だよ」

と、仰っていました。

お金がないことが不幸だとは思いませんが、
実際にこうして、所得格差を目の当たりにすると、

TVやネットニュースで知るより、
現実味を帯びて自分の胸に刺さります。

行く途中、
アンコール遺跡群の入場パスを取得するため、
チケットセンター?みたいな所へ。
(3日間のフリーパスが62ドルでした。)

※入場パスには顔写真が掲載されるので、
現地のこのチケットセンターに行かないと、
購入できないようです。

無事、入場パスをゲットし、

ホテル出発から1時間弱で、
アンコール・トム遺跡に到着。

アンコール・トム遺跡とは、
「アンコール遺跡」の一部です。

「アンコール遺跡」とは、
かつてクメール王朝があった場所で、

8世紀から14世紀にかけて建てられた
当時の建造物が集まっている遺跡群です。

その広さは東西約20㎞にも及び、
遺跡の数がものすごく多いので、
全てを見て回ろうとすると、
相当な日数がかかります。

なので行く前に、どの遺跡を見に行くか
あらかじめ決めておいた方がいいと思います。

さて、現地に降り立つと、
いきなり象さんがお出迎え。

門に向かって歩きます。

門のてっぺんの部分のアップ、
顔が3つついてるの、見えますか?

中の建物には顔を模した像が沢山あります。

写真はほんの一部で、
実際、遺跡内はとても広く、

とても荘厳な雰囲気で、
圧倒されました。

ヒンドゥー教の宇宙観を表した建物だそうですが、
なんとなく分かる気がしました。

なんだか俗世から離れて、
宇宙にいる気分になります。
(宇宙行ったことないけど。笑)

アンコール遺跡群は、
15世紀半ばにクメール王朝が崩壊してから、
19世紀にフランス人に発見されるまで、
ずっと忘れ去られていた遺跡でした。

その為なのか、
建物が木に侵食されている部分があったり。

何年かけてこの木が生えてきたんだろう・・と考えると
自分の20数年間の人生なんて、
まるでちっぽけに感じました。

ツアーで回っているので、
ガイドさんが日本語で一つ一つ解説してくれます。

やっぱり、ガイド説明があると
面白さが倍になりますね。

基本は団体で動きますが(ツアーなので)、
自由時間もあったりするので、
自分の見たいところもちゃんと回れました。

2日目vol3 アンコール・ワット遺跡へ

アンコール・トム遺跡を見終わった後は、
大衆食堂?的なところでお昼ご飯。

合宿のように、
ツアー参加者みんなで、
長い一つのテーブルを囲んで食べます。
(席は自由。)

私の目の前は、
20歳の女の子とお父さんの親子連れでした。

その席で20歳の女の子に、
「ひとりでツアーに参加するのって寂しくないんですか?」と
ずばり、聞かれてしまいました。笑

きっとその女の子は私のことを、
ひとりでツアー参加なんて変わった人・・と思ったかもしれませんが(笑)、

そんなこと気にしてたら人生謳歌できませんよね♪

周りの目は気にしなーい^^

さて、お昼ご飯が終わると、
いざ、アンコール・ワット遺跡へ。

午前中はあいにくの小雨だったのですが、
午後は晴れ、日差しもどんどん強くなってきました。

バスに揺られること数十分。
ついにアンコール・ワットに到着!!

さっきのアンコール・トムもよかったけど、
アンコール・ワットはやっぱり別格だなぁ。。

アンコール・ワットには第一回廊から、第三回廊まであるのですが、
個人的には第三回廊が最も気に入りました。
絶対に行くべき場所です。

※ただし、第三回廊は仏日には入れないので注意が必要。

第三回廊は建物の一番てっぺんにある回廊で、
このような急な階段を使って上がります。

危険だからという理由で、
第三回廊まで行かないツアーもあるそうなので、
事前に確認しておいた方がいいと思います。

そして、ここは現地の方の宗教儀式の場でもあります。

衣装を着た、可愛い現地の子供たちもいました。

とても広大で、遺跡がとても美しいです。

遠目から全体を眺めても美しいし、
実際に中に入って建物の細部を眺めてみても、
美しい。

ほんと来てよかった~。

ただ、びっくりしたことが一つ。

アンコール・ワット遺跡周辺には
物乞いの子が、沢山いました。

裸で小さな赤ちゃんを抱き抱えた
7歳くらいの男の子や、

つたない英語で、
アンコール・ワットのポストカードやキーホルダーを
売りに来る、3歳くらいの裸足の女の子。

日本では見かけることのない光景に
胸を突かれました。

この辺りは観光客が多いので、
そういう子たちも集まってくるんでしょうね。

アンコール・ワット遺跡を満喫した後は、
ホテルに戻り、ホテルのレストランで食事。
(外の現地レストランに行こうかなと思ったけど、
暗かったので怖くてやめました・・。)

夕食後は部屋に戻り、
ネットで時間を潰した後、就寝しました。