【解説】グランドキャニオンへのおすすめの行き方

【解説】グランドキャニオンへのおすすめの行き方
Pocket

人生で一度は見てみたい、
世界遺産、グランドキャニオン!

とにかく全てがとてつもなく大きい!

スケールが半端じゃない!

人生観を変えるほどの、大自然がそこには広がっています。

この記事では、

そんな人生観を変える、グランドキャニオンへのオススメの行き方を
ご紹介します!

・・・と、その前に。

まずは、
グランドキャニオンの見どころを、さらっとご紹介。

グランドキャニオンと付近の有名スポット

①グランドキャニオン

コロラド川の長年の浸食により出来上がった峡谷。
息をのむほどの、圧倒的景観。
上から覗き込むと、その谷の深さにクラクラします。

この雲の形もすごいですよね。笑

②モニュメントバレー

テーブル形の台地や、手袋のような形の赤茶けた岩が、
あたかもモニュメント(記念碑)のように立っているため、
「モニュメントバレー」と呼ばれています。

どこまでも大地が続き、果てが見えません。

③ホースシューベント

蹄鉄(horseshoe)のように蛇行し削り取られた峡谷です。
この自然が創り出した芸術に、感動しっぱなしでした・・。

流れるエメラルドグリーンの川の色も、
とても綺麗でした。

④アンテロープキャニオン

最も写真を撮る観光客が多いと言われる、美しい渓谷です。
どこを見渡しても、
幻想的な風景。
美しすぎて、もはや溜息しか出ません。

⑤セドナ

パワースポットとして有名な、セドナ。
保養地として人気のこの地は、
グランドキャニオンと同じアリゾナ州にあるため、
アクセスしやすいです。

山に囲まれた小さな街ですが、居心地よくて癒されます。
是非立ち寄ることをおすすめします。

グランドキャニオンへの行き方を徹底比較。一番のオススメは・・

さて、ここで本題。

グランドキャニオンへはどういうアクセス方法があるのか?

まず初めに言っておくと、
グランドキャニオン国立公園は、内陸部にあり、

交通の便が悪く、
アクセスにはかなり時間がかかります。

Googlemapで探すと・・・この位置ですね。↓

一番近い大都市はラスベガスなので、
ラスベガスを拠点として、
そこから車、バス、鉄道を使って行くのが主流です。

グランドキャニオンへの行き方①車(レンタカー)で行く

車で行くとなると、
ラスベガスからグランドキャニオン国立公園まで、
片道5時間かかります。

自分の好きなポイントで止まったり、
休憩をとりなががら行けるので、

自由度は高いですが、

長時間の海外での運転に慣れていない人は、
厳しいと思いますね。。

グランドキャニオンへの行き方②長距離バスや鉄道で行く

ラスベガス付近の街からグランドキャニオンへは、
長距離バスや鉄道が出ています。

しかし、長距離バスは、
移動に大変時間がかかる上に(ほぼ丸1日かかるそうです)、
値段もそんなに安くありません。

鉄道も同様で、
これまた時間とお金がかかる・・。

しかも、
混雑時は予約が取りづらいそうです。

「どうしてもバスや鉄道じゃなきゃ嫌なんだ!」という方がいれば話は別ですが、

バスや鉄道で行くメリットが特に思いつかないので、
筆者はオススメしません。

グランドキャニオンへの行き方③ツアーで行く

やはりお勧めしたいのは、
ラスベガス発着の現地ツアーに参加することですね。

グランドキャニオン付近は、
余程海外慣れしている人でないと、
自力で周るのは、かなりハードルが高いと思います。

こちらのVELTRAのツアーなんておすすめですね。↓↓

★VELTRAおすすめツアー★
ルート66をたどる!グランドキャニオン&アンテロープ&ホースシューベンド&レイクパウエル日帰りツアー/夜7時頃ラスベガス帰着<貸切プランあり/日本語ガイド>(2091年2月時点)

上記のツアーだと、
1日で、グランドキャニオンの主要地を回ってくれます。

「いや!1日だけじゃなく、
もっとグランドキャニオンをゆっくり回りたいんだ!」という方には、

日本発着のパックツアーもおすすめですね。

例えば大手旅行会社ですと・・・

【HIS】添乗員同行 アメリカ大自然グランドサークル8日間ツアー(2019年2月時点)

なんて、すごく良さそうですよね。

実は筆者も、
一人で日本発着のパックツアーに参加したんですが、
かなりよかったですよ。

せっかく大自然の中でのびのび楽しみたいと思っていても、

移動手段や食事の心配があったら、
思いっきり楽しめないじゃないですか・・。

その点、パックツアーだと、
移動や食事の心配はないし、

おまけに、

主要観光スポットを余すことなく全て回ってくれて、
日本語で観光地の案内が聞けるので、

楽しく安心して、

旅をすることができます!

なので、結論としては、

・ある程度、海外慣れしている
・グランドキャニオンにも行きたいけど、ラスベガスも楽しみたい

という方には、ラスベガス発着現地ツアー

・海外初心者
・グランドキャニオンをがっつり楽しみたい

という方には、日本発着のパックツアーをおすすめします。

ぜひぜひ、グランドキャニオンに行って、
人生観をガラリと変えちゃってください★