ニュージーランド 女ひとり旅 ⑥テカポ村散策

ニュージーランド 女ひとり旅 ⑥テカポ村散策
Pocket

4日目 テカポ村到着!しかし、猛吹雪・・

空気が世界で2番目に綺麗と言われているテカポ村。

美しいレイクテカポがあり、
春の花ルピナスが咲き乱れ、世界遺産レベルの星空が見られる・・
こんな事前情報を仕入れていたため、
テカポ村に来るのを、この旅で一番楽しみにしていました。

が、なんと、到着したら大雪、というか、猛吹雪。

なにこれ・・?!寒くて凍え死にそうなんですけど。。

バス停で降ろしてもらい、なんとか、ホテルまで到着し、チェックイン。

今回宿泊したのは、ペッパーズブルーウォーターリゾート。
(※下の写真は別日に撮影したものです。)

日本人スタッフが2、3人いて、日本語でチェックインできるので、安心です。

お部屋も掃除が行き届いており、とても綺麗でした。
(部屋の中の写真撮るの忘れた・・。)

さて、荷物を置き、時計を見ると18時。

19時から、有名な日本食レストラン、
「KOHAN(湖畔)」を予約していたので、
大雪の中、意を決して外に出ます。

辺りは真っ白で、テカポ湖始め、絶景など何も見えません。涙

風も強く、顔に雪ががんがん直撃します。傘も飛びそう。
100m歩くだけで精一杯です。

私はなぜ、遠い南半球のニュージーランドの村で、
寒さに凍えながら歩いてるんだろう・・。

春の温かいニュージーランドを楽しみにやって来たのに、、
こんな真冬の寒い場所に来たかったわけじゃない!!!!

と、とても悲しい気持ちになりながらトボトボ歩いていました。笑

旅行先で、一番楽しみにしていた場所が「吹雪」とは、思った以上にダメージが大きいものです。

それでも懸命に歩き、やっとの思いでレストランKOHAN(湖畔)に到着。

有名なサーモン丼をオーダー。
一緒に温かいお味噌汁もついていました。

久々のお味噌汁が冷えた体に染み渡る・・。

メインのサーモン丼もサーモンが沢山乗ってるし、肉厚でめちゃくちゃ美味しい!

この辺りのサーモンは、氷河が溶けた冷たい水で養殖されるため、美味しくなるのだそうです。

うーん。大満足。吹雪の悲しさがちょっと和らぎました。

店員のお兄さんが日本人で、気さくに話かけてくれました。

「今日は今年一番の大雪ですよ。この時期(11月。南半球では春の終わり。)に雪が降るなんてびっくりです。」

と言ってました・・。

よりにもよって、そんな日に来てしまった私・・。

でも、翌日の天気予報を調べてみると、
「晴れ」。

もう明日に賭けるしかない!というわけで、この日はホテルに帰って休むことに。

帰りに、村唯一のスーパー、フォースクエアに寄り、
白ワインのミニボトルを買って、お部屋で一人飲み。

そして就寝。

5日目 テカポ村 湖畔散策

朝。

目が覚めると、カーテンの隙間から、光が差し込んでいました。

ガバッと起き上がり、カーテンをシャーっと開けます。

昨日とは打って変わって、
超快晴!!!!

晴れ渡った青い空に太陽がサンサンと輝いていました。

急いで身支度をして、外に出ると、
鳥の鳴き声が聞こえるし、
そよ風も気持ちいいし、
なにより、気温が高くて温かい♪

嬉しすぎる!!いやぁ・・本当に晴れて良かった。

昨日の雪は、真冬のテカポも体験できてラッキーだったということにしておこう。

他の宿泊客の方も、
「晴れて良かったね!」と話しかけてくれました。

旅先での外国人の方との何気ない会話、好きなんだよなぁ。

早速、テカポ湖に向かってテクテクと歩く。

目の前に広がる、美しすぎるテカポ湖!!
まるで絵葉書みたいな景色。

ミルキーブルーの湖が果てしなく広がり
その淵を彩るように、緑色の山と雪を被って白くなった山が連なります。

美しすぎて、なんだか目に涙が・・。
本当の大自然って、人を泣かすよね。

川の縁まで近づいてしゃがみ、波の音に耳を澄ませる。

周りにはだれもおらず、地球上に自分ひとりしかいないような、
そんな気持ちになってくる。

そよ風に乗って聞こえてくる、鳥の声が心地良い。

ルピナスの花も咲き乱れて、本当にキレイ。

ていうか、晴れてくれて本当に良かった!!!!涙

昨日の暗い曇り空&大雪の下では、
実際の美しい景色の魅力も、まるで出せてなかったんだな。

太陽の下で見る景色は、それほど、
圧倒的にキレイでした。

超有名な羊飼いの小屋にも行きました。

15時から結婚式があるとかで、中には入れませんでした。

たっぷり湖畔からの美しい眺めを堪能した後は、

トリップアドバイザーの評価も高かった、
石焼きグリルのお店、
「Mackenzies Cafe bar grill」へ。

店頭でメニューを受け取り、席に案内してもらいます。

プライムランプ200g(18ドル)を注文。

肉が生焼けですが、
お肉が乗っている石皿がめちゃくちゃ熱く、
その熱で、お肉を焼きながら食べていきます。

うーーん。味は至って普通。

めちゃくちゃ美味しいわけでもなく、
かといって、固いまずい肉でもなく。。

これで付け合わせのソースが美味しければ良かったけど、
ソースもイマイチ。

結局最後はソースを使わず、コショウをかけて食べました。
うん、こっちの方がおいしい。

お腹もいっぱいになったところで、
午後はマウントジョン(Mt.John)に向かいます。