【ニューヨーク旅行記】20代女ひとり旅⑥アメリカ博物館・メトロポリタン美術館

【ニューヨーク旅行記】20代女ひとり旅⑥アメリカ博物館・メトロポリタン美術館
Pocket

アメリカ自然博物館

前日同様、無料朝食を部屋でいただき、

地下鉄に乗って出発!
向かう先はアメリカ自然博物館

アメリカ自然博物館のスペースショー(プラネタリウム)のチケットを取るために、
開館時間前の10時前には入り口に到着。

しかし、既に長蛇の列…。

ただ、正面玄関向かって右手、
ローズセンター側にも別入り口があります!↓

こちらは正面玄関より人が少なく、
空いていて、すぐ入れました。

10時ちょっと前に開門し、
フライング気味にチケットカウンターへ。

無事に念願のスペースショーを見ることができました!!

その他にも巨大動物の骨の展示や、

それぞれの国の動物たちなどなど、

全部丁寧に見たら、
半日以上はかかるほど、大きい博物館でした。

子供とか喜ぶだろうなぁ。
※実際、子供連れの親子も沢山いた!

私は次の予定があったので駆け足で見て回りました。
それでも丸々2時間はかかりました。

いやぁ、アメリカ博物館、広いです。

お昼はルークスでロブスターロールを堪能

お昼は、楽しみにしていたロブスターロールを食べに、
「ルークスロブスター」へ。

セントラルパーク付近にある、
プラザホテル内の店舗に行きました。

※後で知ったんだけど、
ルークスロブスターは大阪の心斎橋や表参道にもお店を展開しているみたいね…。
気づいたら、日本出店してる店ばかりでご飯食べてる私。笑

フードコート内を彷徨い、
無事にルークスを発見!

ロブスターロールとクラムチャウダーを注文。

パンはサクサクで溢れんばかりのロブスター!!

そしてクラムチャウダーも
濃厚でとても美味しい!!

二つで約26ドルと、お高い昼食になりましたが、
大満足。

お腹がいっぱいになったところで、
午後はメトロポリタン美術館にむかいます。

メトロポリタン美術館

午後は、メトロポリタン美術館へ。

この美術館、めちゃくちゃ大きいです!!
そしてものすごい展示物の数!!

こんな大きな美術館は人生で初めてだ・・・。

西洋絵画、東洋絵画、
騎士の甲冑から、エジプト文明、遺跡類など、
古今東西の美術品がたくさん。

ただわたくし、
恥ずかしながら美術に造詣が深くないものでして…。

撮った写真はといえば、
このスフィンクスくらい。笑

なんと、1時間ほどで飽きてきて、
時間を持て余しました。笑

※これは私個人の感想なので。。
興味のある方が行ったら、面白い美術館だと思います!!

あ、でも、
そんな私でも唯一心奪われたものがありました。

それは、
ピカソの絵!!!

初めて本物のピカソの絵を見たのですが、
絵の持つエネルギーが半端じゃないです。

しばらく見惚れて、
絵の前から動けませんでした。

↑この最後の絵とか特に。もう目が釘付けです。
絵の題名は「盲目の男」。

目の見えない男性が食事を摂る場面を、
青を基調として描かれていて、
ゾクゾクするほど美しかった。

愛と憎しみ、
希望と絶望、
モデルとなった男性の持つ、相反する感情が
見事に絵の中に集約されていました。

そしてなんと、
この絵を23、24歳で完成させたというのだから、
驚くべき感受性&表現力。。

うん、この絵を見れただけで、
私は満足です!

そんなこんなで、
メトロポリタン美術館を後にしました。

外に出てiPhoneを見ると、
なんと充電15%。やばい!!!

ホテルに帰って充電してから、
夕飯を食べに行くことに。

メトロポリタン美術館の近くには、
セントラルパークがあります。

せっかくなので、地下鉄の駅に向かう途中、
セントラルパーク内を散歩してみました。

セントラルパークは、
新宿御苑みたいな感じです。

新宿御苑と違うところは、
水着の人がいっぱいいるところかな。笑
開放的でいいですね★

ホテルに戻り、iPhone充電完了。

さぁ、今日はニューヨークと言えば!の、ステーキ食べるぞ!!と意気込み、
キーンズ ステーキハウスへ。

※キーンズステーキハウス→ニューヨークの有名なステーキ店です。ネットでニューヨークのステーキ店を事前に沢山調べた結果、値段・味・雰囲気を総合して、ここが一番評価が高いなと思いました。かなりの人気店で昼食・夕飯時は満席状態なので、事前に予約されることを強くお勧めします。

空いてるだろうと思い込んで、
予約なしで行った私。

当然店は満席で、次に空く時間が22時です、
と言われました。
※今後行かれる皆さんは、本当に予約されることをお勧めします…。

…さすがに22時までは待てない。(この時点でまだ18時。)

泣く泣くステーキを諦め、
ホテル近くのデリで食料を調達し、持ち帰って食べました。

一人ホテルで食べるご飯は、
寂しかったです・・・・。

夕飯を食べ終わった後は、
ちょっと読書して、22時ごろ、就寝。

⇒次記事はこちら【ニューヨーク旅行記】20代女ひとり旅⑦(作成中)