【解説】仁川国際空港 到着から入国審査までの流れ

【解説】仁川国際空港 到着から入国審査までの流れ
Pocket

この記事では、
仁川国際空港に到着してから入国審査までの流れ
ご説明します。

飛行機を降りたら、入国審査までどう進めばいいのか?

①まずは、「手荷物受取所」の看板案内に沿って進みましょう。
乗客がぞろぞろと同じ方向に進んでいくので、その流れに乗ればOKです。

②「検疫」を通過します。

「手荷物受取所」の看板案内に沿って進むと、
「検疫」ゲートが見えてきます。

「検疫」ゲートの近くで、「検疫質問票」の黄色い紙を持っている人を何人か見かけましたが、
日本から韓国に直接入国する場合は質問票は必要ないとのことでした。

なので、手ぶらで、通過しましょう。

③入国審査に並びましょう。

下記写真のような「外国旅券を持っている方はこちら」という看板が出ているので、
看板の通りに進み、並べばOKです。

④入国審査を受けましょう。

列に並んで順番を待ち、
自分の番になったら、入国審査官の前に進み出ましょう。

航空券・パスポート・入国カードのチェック、顔写真の撮影、指紋採取が主に行われます。

※アライバルカードは飛行機の中で客室乗務員が配ってくれます。
飛行機の中で記載しておきましょう。
⇒書き方については、JALさんの分かりやすいサイトがありました。こちらを参照してください。

⑤入国審査を終えたら、自動ドアから外に出ましょう。

出たところに、
便ごとの荷物のレーン番号が書いてある電光掲示板がありますので、
そこで、自分のレーンを確認します。

レーンの位置は頭上に看板が出ているので、その通りに進むとたどり着けます。

⑦荷物レーンで荷物を受け取り、出口の看板に沿って進みましょう。

また、出る前に、
出口付近にある税関で、「税関申告書」を提出してください。

※税関申告書は飛行機の中で客室乗務員が配ってくれます。
飛行機の中で記載しておきましょう。
⇒書き方については、JALさんの分かりやすいサイトがありました。こちらを参照してください。

⑧税関を抜けたら、出口に到着、入国審査完了です。

=====

基本的に、
人の流れに沿って行けば、迷うことはありませんし、

係員も日本語流暢な方ばかりなので、
分からないことがあれば、丁寧に教えてくれますよ^^

それでは、良いご旅行を!♪